剪定前後
野畑ファームの樹々は、植樹から今年で7年目を迎えました。

一般的に植樹の際、樹々の間隔を3m以上開けるのですが、野畑ファームでは2mほどしか確保していませんでした。

そのため、7年目ともなると枝がぎっしりと繁ってしまい、摘み取りをするために枝の間をかいくぐる状態で、お客様にもご不便をおかけしてしまったようです。

そこで、思い切って、この冬に大幅な間引き、植替えをすることにしました。

168本のうち40本を株元30cmほどまで切り落とし、通路として使っていた部分と空地に移植します。主軸枝を決めのこぎりでバサバサと切っていくのですが、これが結構な力仕事です。

この寒さの中、汗びっしょりになりました。

植え替えた樹は、来年の収穫は見込めませんが、ゆったりと大きく育って再来年にはまた美味しい実を生らしてくれることでしょう。