iragaイラガの幼虫駆除に奮闘しています。

草むしりなどで木々を観察していると、夏に痛い思いをしたイラガがサナギを作って越冬しようとしているのを見つけました。

これがほとんど木のこぶと同化していて、最初はまったく気付きません。

師匠に教わって何度か探しているうちに、自然と自分の中の虫センサーが働き始めるように。

今では、ほとんど見逃すこともなく巣食っている木がわかるようになりました。

この時期に見逃すと夏の大量発生に繋がるので、根こそぎ潰せるようセンサーフル稼働で対応中です。