今日は肥料作りをしました。

肥料作り

主な成分は、油粕、脱脂糠、骨粉などの有機質成分と、
硫安、マグネシウム、硝酸カリなどの無機質成分(化学肥料)をバランスよく調合しています。

化学肥料を使っているというと、ちょっと悪いイメージがあるようですが、これは大きな間違いです。

植物は、窒素、リン、カリウムなどの無機質成分を栄養素としています。

有機質肥料は、土壌中で微生物の働きによって分解され、
主に蛋白質で含まれる窒素成分は、アンモニアを経て、最後には硝酸に変わり無機質化します。
つまり、化学肥料と同じ成分になるわけです。

ただ、有機質肥料はブルーベリーの栄養源になるまで少々時間がかかってしまいます。
そのため、即効性のある無機質成分を配合し、常時栄養が補給されるようにしているわけです。