草むしりをしながら、樹形や枝の観察をしています。
青々と茂る葉に、「しっかり光合成しておいてね」と声をかけながら見ていると、いました、恐ろしい虫が。
その名は「イラガの幼虫」。

イラガ

大きなものは約2cmほど、鮮やかな黄緑の体が棘で覆われ、背中にはつぶつぶ模様。
小さなものは5㎜ほどで葉の裏側にびっしりと整列してようにくっついています。
気付かずに触ると飛び上がる痛さでしばらく腫れがひきません。
これが葉を食べ、すかすかにしてしまいます。

早速ゴム手袋を装着して潰していきます。
慣れたとはいえこの潰す感触(ぶちゅ、っていう感じ)は気持ちのいいものではありません・・。
こうして、地道で辛い作業が続きます。